未分類

腫れやかゆみ、痛みにも注意したい全身脱毛

脱毛サロンでの全身脱毛は、光脱毛という方法で行われています。全身脱毛は、美容皮膚科などの医療機関で行われている医療レーザー脱毛で受ける方法もあるのですが、レーザーは強い光でもあるので永久脱毛の効果があるものの、肌トラブルが発生する可能性も高くなるので注意が必要になります。安全で肌に優しい光が使用されている光脱毛なら、痛みや腫れ、かゆみなどの肌トラブルにも比較的安心して受けることができます。
しかし、全ての人に安全で何も肌トラブルが発生しないということではありません。もともと肌が弱い人になれば肌トラブルの可能性も高くなり、とくに肌が弱いわけではないという女性であっても生理などのホルモンバランスによってもトラブルに発展することもあります。他にも、肌がダメージを受けた状態で施術を受けることもトラブルの原因になります。日焼けをした後の肌に光を照射することは危険なので、ほてった肌が落ち着いて赤みが引いて色が落ち着いた頃に受けるようにします。また、脱毛施術を受けるためにはシェービングをしておく必要があるのですが、施術日のサロンに訪問する前であれば剃ったばかりの肌はデリケートな状態になっています。前日もしくは二日前には処理をしておけば安心です。
医療レーザーでの全身脱毛は、レーザーの強い光を使用することになるので、皮膚が薄い顔やVライン、色素が沈着しがちなIラインやOラインなどになれば肌トラブルの可能性も高まります。しかし、腫れやかゆみなどの肌トラブルが発生しないように、医師が肌や毛の状態の診察を行ってから出力を調整してその人に合った方法で行われています。クリニックによっては複数のレーザー脱毛器を所有しているので、人によっても部位によっても使い分けをしてもらうことができます。
全身脱毛は、光脱毛でも医療レーザー脱毛であっても光を照射した時に痛みを発することがあります。光脱毛では、痛み軽減のためには出力を下げたり脱毛施術をそこでストップするしかないのですが、医療機関での脱毛であれば麻酔を処置してもらうことができます。出力を下げればその分だけ脱毛効果も下がってしまうものですが、麻酔があれば痛みもなく効果的に脱毛をすすめていくことが可能です。
肌の弱い人になれば、不安に感じて弱い光の光脱毛を選択してしまいがちですが、医療レーザー脱毛なら医師がついていてくれて注意しながら行ってもらえるので、相談しながら安全に処理してもらうことができます。

コメントを残す