未分類

全身脱毛の痛みとかゆみと腫れについて

クリニックで全身脱毛を受けたいという人もいるでしょう。クリニックでは医療レーザー脱毛による全身脱毛を行っており、エステサロンの光脱毛よりも高い効果を期待できるのです。しかし、クリニックで脱毛を受けたら腫れやかゆみが出てしまったという口コミを聞いたことがあるかもしれません。肌トラブルが起こったという話を聞くと不安になってしまうものなのですが、そのメリットやデメリットについてきちんと知っておくと良いでしょう。一口に脱毛といってもいろいろな方法があります。医療レーザー脱毛というのはエステサロンで行われている光脱毛よりも出力の高いマシンを使用した施術であり、短期間で脱毛効果を得られるということです。痛みが強いとされていますが、不安な場合は麻酔を使ってもらうと良いでしょう。また、施術前や施術後にしっかりとケアを行うことにより、痛みや赤みなどを抑えることができます。もちろん医療レーザー脱毛を受けた人は必ず赤みや炎症などが起こってしまうわけではありません。肌の弱い人や敏感肌の人は肌トラブルが起こりやすいということですが、クリニックではそのような人にも肌に合わせた施術を行ってくれるので安心です。また、最適なケア方法を教えてくれるでしょう。
クリニックの全身脱毛の場合、施術自体に痛みを感じなくても、施術後に腫れやかゆみが出てしまう人もいます。施術後にアルコールを飲むと血の巡りが良くなりますし、さらにかゆみが強く出てしまうこともあるので注意しましょう。大切なのはクリニックからの注意事項をしっかり聞くということであり、施術を受けた後はしばらく安静に過ごすことが大切です。ちなみに、湿疹が出ると1週間程度消えないこともあるのでしっかりと肌を守って生活しましょう。医療レーザー脱毛では毛を再生させる細胞を破壊することにより、ムダ毛を無くしていくことになります。全身脱毛を受けることで効率よくムダ毛を無くすことができますが、周囲の肌もダメージを受けて肌トラブルが起きてしまうことがあります。肌トラブルは避けることができませんし、赤みや腫れなどは多くの人が経験するものであるため、特に心配する必要はないでしょう。クリニックで全身脱毛を受けた場合、施術後に使うクリームを処方してくれることもあります。クリームが処方されなかった場合はドラッグストアなどで保湿クリームを購入し、施術を受けてから3日程度は塗るようにしましょう。ちなみに、炎症が起きた場合は患部を冷やすことがポイントです。

コメントを残す